影響を受けた書籍

7つの習慣

今回、僕が影響を受けた一冊としてご紹介する書籍はスティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」です。自己啓発本の名著として良く知られるこの本。古典…と言いたいところですが初版が1989年と、実は平成生まれだったりします。

僕に良い変化をもたらした内容は多々ありますが、その中でも特に影響を受けた一か所は「関心の輪」「影響の輪」の考え方でしょうか。

チョー簡単に言うとこういった考え方。
・関心の輪…自分で変えられないもの
・影響の輪…自分で変えられるもの

普段の生活の中で起きる様々なこと。この考え方で分けて扱うことでずっとストレスが減りました。
例えばサラリーマンでありがちなシチュエーションとしては、上司に恵まれず不手際を怒られてばかり…という場合。

このケースでは「この上司、早く○んでくれればいいのに」「もっとよく話を聞いてくれるようにならないかな?」という願いは、あくまでも『関心の輪』。自分自身ではどうしようもない領域です。

そんなできないことを考えてモヤモヤするのではなく、「よし、不手際を起こさないようにもっと業務の精度を上げていこう」と考えるのが『影響の輪』です。

僕に前向きな生き方ができる力を与えてくれた一冊が、この書籍「7つの習慣」です。

「Transaction Authorization Code」ってご存知ですか?前のページ

BUYMAクーポン発行記録次のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. マインド的な話たち

    こなせない役割なんて、やってこない。
  2. おすすめサイト

    まさにポータルサイト:shopstyle.com
  3. 単なる自慢集

    アノ〇〇さんからご注文いただきました!
  4. アカウント停止の防ぎ方

    「買付成功率」を高く保つ方法
  5. マインド的な話たち

    オッサンであることを受け止める。
PAGE TOP